発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター

薄毛、抜け毛の対策によく見かける「育毛剤」や「発毛剤」を実際に使って試してみました。

日常生活の薄毛対策

タンパク質が髪を作る!薄毛対策には食事の改善も考えよう

薄毛や抜け毛を解消するにはタンパク質が必要だと言われていますが、これは本当なのでしょうか。
ここでは薄毛対策とタンパク質の関係性、食生活のバランスを整える必要性などについて説明しています。

髪の栄養を補給することが薄毛対策の基本ですから、ドロドロ血液を招くような食生活は避けてください。
毎日の食事が髪を作り上げていくのです。

 

タンパク質が髪を作っています

普段食べている食べ物が髪の毛を作っているのは間違いありません。
特にタンパク質は髪の主要成分となるので、不足しないように注意する必要があります。
タンパク質が欠乏すると肌の元気がなくなりますが、これは頭皮や髪にも言えることです。髪質が以前より弱くなってきた、抜け毛増えてきた、などと感じた人は注意してください。

日本食には良質なタンパク質が含まれているので、食生活は日本食をメインにするのが得策です。
栄養不足を防ぐためには偏食や欠食をしないようにしましょう。

特に魚には良質のタンパク質が含まれていますので、髪を元気にするために役立ちます。
肉類にもタンパク質が豊富ですが、肉ばかり食べているとコレステロールが過多になる可能性があります。

血液がドロドロになると毛母細胞に十分な栄養を届けることができません。
動物性脂肪や炭水化物の摂り過ぎには十分に注意し、魚や豆類をよく食べるようにしてください。

抜け毛は増えていないけど髪質が悪くなっている場合も、タンパク質の不足を疑いましょう。

 

タンパク質以外の栄養も大切

ダイエットをすると髪が薄くなってしまうケースが多いです。

痩せることは健康維持の基本であり、美容を促進するためにも役立ちます。
一方で無理な減量をするとタンパク質が欠乏してしまう可能性があるので注意してください。

薄毛対策のためには1日3回の食事を摂ること、栄養素のバランスを整えることが重要です。
ビタミンとミネラルもバランスよく補給し、新陳代謝を活性化させてください。

代謝が低下すると毛母細胞の元気がなくなり、髪が弱くなってきます。
亜鉛はタンパク質の合成を促進する成分ですから、薄毛に悩んでいる男性は積極的に補給しましょう。

牡蠣やシジミなどの食材に多く含まれており、髪を強くするために役立ちます。

 

栄養をしっかり摂ることが薄毛対策になる

タンパク質が欠乏すると元気な髪が生えてこられなくなります。
タンパク質を補うためには、日本食を中心に食生活を組み立ててください。

バランスのよい食生活を意識すれば、髪は元気になってコシを持つようになります。
タンパク質以外ではビタミンとミネラルが大切で、欠乏すると薄毛の原因になります。
特に亜鉛はタンパク質をサポートするために欠かせないので、欠乏には注意してください。

-日常生活の薄毛対策

Copyright© 発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.