発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター

薄毛、抜け毛の対策によく見かける「育毛剤」や「発毛剤」を実際に使って試してみました。

日常生活の薄毛対策

今から薄毛対策する人が、鉄分を効率よくとれる食事、食材について

すこやかな髪の毛を育むには、栄養バランスの取れた食生活を心がけることが必要といわれます。
薄毛や抜け毛が気になっている方は、特にミネラルを意識してしっかり摂取することが大切です。
薄毛対策に必要なミネラル「鉄分」について、その役割、不足したときに起こること、効率よく摂取できる食材や摂取法についてまとめています。

薄毛対策に欠かせない鉄分はどのような栄養素?

鉄分は、私たちの体を作る栄養素のひとつで絶対に欠かしてはならないものです。
食べ物から摂取した鉄分は消化器から吸収されて、血液中に含まれる赤血球の「ヘモグロビン」を作る材料となります。

赤血球は酸素と結合し、血液の流れと一緒に細胞のすみずみへ酸素を送り込む役割があります。
血液が送る酸素によって全身の細胞が成長したりダメージが修復したりするのです。
こうして皮膚や髪の毛は新陳代謝(細胞の生まれ変わり)を繰り返し、すこやかに成長していきます。

鉄分が不足すると髪の毛にも良くない影響が

もし鉄分が不足すると、赤血球のヘモグロビンがしっかり作られないため、血液が十分に酸素を送ることができなくなる「貧血(鉄欠乏性貧血)」が起こりやすくなります。
貧血が起こると、顔色が悪くなったり疲れやすくなったりするほか、頭皮に酸素と栄養が行き渡りにくくなります。

そのため、髪の毛の生育がとどこおり、抜け毛や薄毛をまねきやすくなってしまうのです。
鉄分が欠乏しやすいのは女性ですが、鉄分は食べ物から摂取する必要があるため、食生活が不規則な男性も鉄分が不足する可能性はあります。

薄毛が気になる20代後半~30代の男性は、食事の内容に注意してみましょう。

鉄分を豊富に含む食材はこれ!おすすめの食事のとりかたは

鉄分は肉、魚、レバー、卵など動物性食品に多く含まれます。

特に栄養素が豊富なレバーは食材の中でも鉄分の含有量が多い食材なので、鉄分を意識して摂取したい方にはおすすめです。

これは髪の毛の材料になるたんぱく質も多く含まれます。
ただ、動物性食品のとりすぎは栄養バランスが偏ってしまい、かえって髪の毛に良くないので、植物性食品では、ひじき、小松菜、大豆などで補うこともおすすめします。

気をつけたいのは、鉄分は体に吸収されにくいという点です。
鉄分は、吸収率を高めるビタミンCと一緒にとるとよいでしょう。

ビタミンCはかんきつ類、ブロッコリー、ピーマンに多く含まれます。
また、緑茶は鉄分の吸収をさまたげるので食事中は避けるのが無難です。

薄毛対策の効果を高めたいからといって、手軽に利用できるサプリメントに頼るのはおすすめできません。
鉄分の摂取過剰をまねくのは良くないので、食事から摂取することをおすすめします。

毎日コツコツ鉄分をとることで、髪の毛の成長を促進させる効果が期待できます。

薄毛対策では鉄分をとることも意識して

鉄分は私達のからだに欠かせない栄養素で、血液が酸素を運ぶ赤血球の材料になります。
もし不足すると、髪の毛の発育に良くない影響を及ぼしかねません。そこで薄毛対策のためには、鉄分が不足しないように十分に摂取することが大切です。

鉄分が多く含まれるレバー、肉、ひじきなどの食材を食事に取り込み、毎日鉄分を補給していきましょう。

-日常生活の薄毛対策

Copyright© 発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.