発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター

薄毛、抜け毛の対策によく見かける「育毛剤」や「発毛剤」を実際に使って試してみました。

髪型を利用した薄毛対策

薄毛をスキンヘッドで隠すメリットとデメリット

20代後半から30代で髪の毛が薄くなり始めると「このままどんどん薄毛が進んでしまうのではないか」と不安がよぎるかもしれません。
育毛、増毛、ウィッグを使う、などさまざまな薄毛対策があるのですが、いっそのことスキンヘッドにしてしまう男性もいます。

とはいえ、思い切ってスキンヘッドにするのは勇気もいります。
薄毛対策としてスキンヘッドはおすすめなのか、一緒に考えてみましょう。

そもそも「スキンヘッド」とはどんな状態のことを言う?

よく知られているように「スキンヘッド」とは頭髪を剃って頭髪がない状態をさします。
名前のとおり、スキン(皮膚)がむき出しになっているヘッド(頭部)です。

頭髪が全て抜け落ちてしまっても同じように頭皮がむき出しになりますが、スキンヘッドは意図的に頭髪を剃って作り上げる、一種の髪型として捉えられることが多いでしょう。

スキンヘッドにする理由はさまざまですが、よく知られているのが僧侶の剃髪です。
そのほか、ファッション目的、スポーツ選手が少しでも体にかかる抵抗を小さくするためスキンヘッドにするケースがあります。

スキンヘッドのメリットは?

薄毛対策でスキンヘッドにしてメリットは得られるのでしょうか。
結論から言えば「あり」といえるでしょう。

それは、髪の毛を全てなくしてしまうことで、髪の毛が薄いか判別できなくなるからです。
薄毛の人は、髪の毛のある部分と頭皮の目立つ部分が入り混じるため薄毛とみなされます。

いっそのこと頭皮だけの状態にしてしまえば、髪の量は比べようがないので、他人も自分も薄毛を気にする必要がなくなります。
また、髪の毛がなければ抜け落ちる髪の毛を見て悲しくなることもないので、薄毛によるストレスも軽減されます。

また、スキンヘッドはファッションとしても用いられ、スキンヘッドがかっこいいと賞される男性俳優も存在します。
スキンヘッドは男性らしさや頼もしさを印象付けるので、薄毛対策とファッションを兼ねてスキンヘッドにするのもありです。

スキンヘッドにする前にもう一度考えてみよう

薄毛に悩む男性がいっそのことスキンヘッドにしてしまえば楽になるかもしれません。
ただし、スキンヘッドは見た目のインパクトが大きく、その人の印象を大きく変えてしまうことがあるので、仕事やプライベートで差し支えないかよく考えてから挑戦したほうがよいでしょう。

または、完全に髪を剃ってしまうのではなく、少し伸びた状態の坊主頭にとどめておくのもおすすめです。
坊主頭でも薄毛を目立たなくさせる効果は十分にあります。まずは行きつけの理髪店や美容院に相談したうえで挑戦するとよいでしょう。

スキンヘッドは薄毛対策として「あり」だが見た目の印象も変わるかも

スキンヘッドは薄毛を目立たせなくすることができるため、薄毛対策としては「あり」といえます。
薄毛で人目を気にする必要がなくなり、ストレスが軽減されます。また、ファッション性もあります。
一方、スキンヘッドはインパクトが大きく、見た目の印象が変わることもあるので、よく考えてからスキンヘッドに挑戦するのがおすすめです。

-髪型を利用した薄毛対策

Copyright© 発毛剤・育毛剤の比較ナビゲーター , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.